CHECK

調理の効率をアップさせたい!和包丁を積極的に活用するための情報を解説

こちらのサイトは、料理作りの効率をアップさせたいと考えている人に対し、和包丁を積極的に使うための情報を分かりやすく解説しています。
包丁と聞くと万能包丁をイメージされる人も多いけれども、1本で全ての作業ができるわけでなく骨などを切るときには刃こぼれしにくい頑丈なものが必要、お刺身のように柔らかいものをきれいに切り分けるときには刺身包丁などの専用のものが欠かせません。
ここでは肉類をさばきやすいものや野菜を刻みやすいものなど、用途ごとに解説しているので参考にされることをおすすめします。

調理の効率をアップさせたい!和包丁を積極的に活用するための情報を解説

和包丁は、和食の料理人が使う道具の一つになるのですがプロが使うものは片側のみ刃が付いている片刃の和包丁で、両側に刃が付いているものは食材を真っすぐに切ることができるメリットがあるので家庭用としても注目を集めています。
三徳包丁も和包丁の一つに分類されるのですが、三徳包丁は色々な調理で利用することができますし家庭などで三徳1本があれば大半の調理に利用することが可能です。
ただし、刃の厚みがあまりないので魚をさばくなどには不向きです。

さまざまな和包丁を取り扱っている店舗

和包丁に興味を持ったなら、現在使っているものに加えて、新たに何本か違った種類のものを揃えておくと便利です。
と言っても近くの店舗にはそれほどバリエーションが多くないかもしれません。
そんな時には次のようなお店で好みの和包丁を探してみてください。
品揃えを急速に増やしている大型のホームセンターならば、調理道具も数多く揃えており、好みの一本が見つかるはずです。
ホームセンターはどのような地域にも存在しており、訪れやすいので誰にでもオススメすることができます。
ただし種類は多いものの、好みに合ったものは見つかりにくいかもしれません。
専門の金物屋に行くのも良いでしょう。
このようなお店があるのは地域限定となってしまいますが、料理人が訪れるお店なので珍しい包丁もたくさんあります。
もっとマイナーな和包丁が欲しい方には、ネットショップをお勧めします。
インターネットから注文することができるこれらのショップでは、豊富なバリエーションを揃えています。
地元の店舗では見つからないようなものも多く、手軽に取り寄せることができるので便利です。

基本となる1本の和包丁を慎重に選択

和包丁には大きく分けて4種類の形状があります。
どんな用途に使うのかを考えて、最適な形を選択するのがいいでしょう。
1つ目は出刃包丁で、長さは中型にあたり刃先が尖っているのが特徴です。
魚をおろしたり野菜や肉をぶつ切りにするのに向いています。
2つ目は柳刃包丁や刺身包丁と呼ばれるものです。
これは刃渡りが18cm程度と長めで、片刃のため得に切れ味がよくなっています。
3つ目は菜切り包丁という最も大型な和包丁で、文字通り葉野菜を切り分けたり根菜の皮をむくのに用いられるのが一般的です。
最後が船行包丁と呼ばれる形状をしたものです。
これはもっとも小ぶりな形の和包丁で、古くは漁に出る漁師が船上で蒔絵の魚を手早く刻むのに使われていました。
普段の料理に使うには、使い勝手のいい船行包丁と汎用性の高い菜切り包丁をセットで持っておくといいですね。
あるいは出刃包丁を一本持っておいて、切りにくいものの調理に使用するようにしてください。
細かい作業をするときには廉価な洋包丁を使うなど、臨機応変に使い分けてみるといいでしょう。

小ぶりな和包丁も用意しておくと便利

和包丁は、両側に刃がある両刃と片側だけに刃がある片刃の2種類に分けることができます。
片刃は、出刃・柳刃・相出刃などプロの料理人が使うような和包丁が主流になりますが、これは切れ味が良いことや研ぐとき片側だけで済むなどのメンテナンス性の良さなどが挙げられます。
もちろん、これらは一般家庭で調理をするときにも利用できるので、欲しいものがある人など専門店に直接出向いて購入したり通販サイトを利用して買い求めると良いでしょう。
両刃は牛刃・三徳包丁、大きな肉の塊および肉の筋を切るときや、表面を削いだり肉の薄切りなどに利用する筋引などが代表的です。
いずれも刃渡りが長いので人参やダイコンなどを形作りたいときなど不向きですが、色々な用途で活用できる三徳は家庭の中で使うことが多い和包丁の代名詞といっても過言ではありません。
また、刃渡りが短いペティナイフは1本用意しておくと便利で、手の平サイズの果物や野菜の皮むき、飾り切りや切り分けのときに便利です。

和包丁を通販で購入する一般的な方法

和包丁はお店に出向いて選ぶことで、手に取ったときの感覚や使いやすさ、重量感や安定感などを確認して買うことができます。
しかし、通販の場合は確認することができないので販売価格や刃渡りなどの情報を利用して選ぶ方法が一般的です。
ちなみに、刃渡りは刃の長さを意味するもので和包丁の中でも刺身包丁は最も刃の長さが長いタイプで、出刃が短いなどの特徴があります。
また、選び方のポイントで抑えておきたいことは包丁の素材です。
素材には白一鋼・白二鋼・銀三鋼・青一鋼・青二鋼・V金10号などがあるのですが、初心者におすすめなのは鋼の硬さおよび切れ味の持続性、研ぎ直しの際のバランスの取れた鋼でもある白二鋼です。
初心者でも研ぎやすさがある素材なので切れ味が悪くなったときはもちろん、定期的なメンテナンスなどでも安心です。
通販で和包丁を選ぶとき片刃タイプのものを選ぶ場合、利き手に合わせて選ぶことで調理のしやすさを高められます。

和包丁に関する情報サイト
用途ごとにおすすめの包丁

こちらのサイトは、料理作りの効率をアップさせたいと考えている人に対し、和包丁を積極的に使うための情報を分かりやすく解説しています。包丁と聞くと万能包丁をイメージされる人も多いけれども、1本で全ての作業ができるわけでなく骨などを切るときには刃こぼれしにくい頑丈なものが必要、お刺身のように柔らかいものをきれいに切り分けるときには刺身包丁などの専用のものが欠かせません。ここでは肉類をさばきやすいものや野菜を刻みやすいものなど、用途ごとに解説しているので参考にされることをおすすめします。

Search